アシスタント・インストラクターについて
  1. >
  2. >

PADIアシスタント・インストラクター・コース(AI)のご案内です。

ダイブマスターよりも単独で開催できるコースが増え、PADIインストラクターへの足掛かりともなります。

コースの流れ

説明会、お申し込みはディーポックにて受け付けています。

お申し込み時には必ずログブックとCカードをお持ち下さい。
お申し込み金として講習費95,000円(税込102,600円)をご用意下さい。

インストラクター開発コース必要教材のうち、お持ちでない物をご購入ください。

講習の日程もスタッフと相談しながら決められる範囲で決めていきましょう。
インストラクター開発コース・オンラインの手続きもお済ませ下さい。
AIコースの最短講習日程は2日です。
AIコースはすべて達成ベースで進みます。
余裕を持ったスケジュールを一緒に考えましょう。

お申し込み時にPADI病歴/診断書をお渡しします。
講習が始まる前までに医師の診断を受けてください。

ディーポック内観

アシスタント・インストラクター・コースについて

PADIアシスタント・インストラクター(AI)・コースは、PADIインストラクター開発コース(IDC)の最初の一部です。このコースはPADIプロフェッショナルとして経験を得るだけでなく、PADIダイバー教育システムを学ぶ最初のステップでもあります。

アシスタント・インストラクターは単独でPADIスペシャルティ・コースを開催したり、インストラクター監督の下で知識開発、限定水域の一部のスキルを評価したりと、活動の幅がPADIダイブマスターよりも広がります。

AIコースは、あなたのプロフェッショナル・ダイバーとしての価値を高めてくれます。

AIコースはPADIアシスタント・インストラクターを目指す方向けのコースです。

AIコース+OWSIプログラム=IDC

AIコースナレッジリビューではインストラクターとしてのあり方や、ビジネスとしてのダイビングのマーケティング方法、アシスタント・インストラクターとして開催できるPADI各コース、リスクマネジメントについて学びます。
この部分はe-Learning「インストラクター開発コース・オンライン」にて自宅で修了させます。詳しくは下記をご覧下さい。

PADIシステム・規準・手続きエグザムで75%以上の正解が求められます。

ナレッジリビュー・セクション
  • 学習、インストラクション、PADIシステム
  • 一般規準と手続き
  • リスク・マネージメント
  • ダイビングのマーケティング
  • スタート・ダイビング
  • PADIスペシャルティ・ダイバー・コースを教える
  • ビジネス・オブ・ダイビング(強く推奨されたオプション)
  • キープ・ダイビング(強く推奨されたオプション)
  • レクリエーション・ダイブ・プラナーの教え方(クロスオーバー候補生は必修、PADIダイブマスターはオプション)

以上のすべてを
e-Learning「インストラクター開発コース・オンライン」で修了します。

エグザム
  • PADIシステム規準と手続きエグザム
      40点満点中30点以上合格
インストラクター開発コース・オンライン
インストラクター開発コース・オンライン

e-Learning「インストラクター開発コース・オンライン」を修了することにより、ナレッジリビュー・セクションがクレジットされます。
AIコースの講習時間の大幅な短縮につながるので、大変便利です。さらに一年以内にOWSIプログラムを受講する場合、OWSIプログラムのクレジットにもなるため、費用の面でもおすすめです。

インストラクター開発コース・オンライン
こちらをクリックし、コース名を「Instructor Development Course- Japanese」に選択したのを確認して、先に進んでください。

インストラクター開発コース・オンライン
US 377$(PADIへの支払いとなります。クレジットカード決済のみ)

AIコースカリキュラムではアシスタント・インストラクターとして、生徒ダイバーにレクチャーする際のテクニックを学びます。生徒にわかりやすく、そして何よりも楽しいレクチャーにするためのノウハウを身につけます。

それらを応用して知識開発、限定水域という状況でのプレゼンテーションを行います。ダイビングの楽しさ・上達の仕方を人に教えるという、ダイビングの新たな楽しさが見つけられることでしょう!

水中スキルの確認ではOWDコースで身につけた20のスキルの確認を行います。またDMコースにおけるダイバー・レスキュー・スキルの評価も行います。

ダイビングスキル

AIコースカリキュラム
  • コース・オリエンテーション
  • 知識開発プレゼンテーション
    • 知識開発プレゼンテーション1,2
    • 4つのEのカウンセリング・ワークショップ1
  • 限定水域での講習
    • スキル・デモンストレーション・ワークショップ
    • 限定水域講習プレゼンテーション1,2
  • オープンウォーター・ダイブの実施
    • オープンウォーター講習プレゼンテーション1
    • レスキュー練習ワークショップ
プレゼンテーション/水中スキル/レスキュー評価
  • 知識開発プレゼンテーション
     2回行い、少なくとも1回は3.5点以上を得点
  • 限定水域プレゼンテーション
     2回行い、少なくとも1回は3.4点以上を得点
  • 2種類のスキルを組み合わせた統合オープンウォータープレゼンテーション
     1回行い、各スキルで3.4点以上を得点
  • 20スキルの開発
     全スキル3点以上、合計68点以上
  • オープンウォーターにてPADIダイブマスターコースの
    ダイバー・レスキュー評価

すべての講習が修了したら申請書に必要事項を記入します。申請用の写真も忘れずにお持ち下さい。Cカードは申請後約2週間ほどでディーポックまで届きます。

PADIアシスタント・インストラクターとして活動したい方は申請時に保険加入の手続きも行います。

アシスタント・インストラクターになれば、スペシャルティ・コースの開催など、ダイブマスターよりもさらに活動の場が広がります。もう1ステップでインストラクターです。ぜひ目指してみましょう!

Cカード

AWAREデザインCカード

AWARE財団へ寄付をすることにより、限定デザインへの変更が可能です。寄付金はサンゴ再生プログラムや水中環境保護活動の活動資金などに使われます。

AWAREカード2015
2017年デザインは「クロトガリザメ」です。

開催日
スタッフまでお気軽にご相談ください。
講習期間

最短講習期間4日 推奨5日
e-Learningを利用した場合の最短講習期間2日 推奨3日
開催予定場所
随時開催しています。詳しくはスタッフまでご相談ください。

料金


講習費95,000円(税込102,600円)
e-Learning「インストラクター開発コース・オンライン」377$
申請費10,200円(税込11,016円)
教材費(上記参照)
料金に含まれるもの
教材費、指導料、申請料
料金に含まれるないもの
ツアー代、プール使用料、器材レンタル代、e-Learning代、個人の飲食代
キャンセル規定

講習日3日前より各講習費に応じたキャンセル料が発生します。
3日前~:30% 前日:50% 当日:100%
電話でのお問い合わせ
アシスタント・インストラクターになれば…
アシスタント・インストラクターCカード
スペシャルティ・コースを単独開催できます!
「プロジェクトAWARE」「サンゴ礁の保護」「ピーク・パフォーマンス・ボイヤンシー」の3つのスペシャルティ・コースを単独で開催できます。さらに「器材スペシャリスト」「エマージェンシー・オキシジェン・プロバイダー」のスペシャルティ・インストラクター・コースに参加することも可能になり、認定を受ければこれらのコースも単独で開催できます。
PADIインストラクターまであと少し!
OWSIプログラムを修了すれば、PADIが開催するインストラクター・エグザミネーション(IE)へ参加する資格が得られます。さぁ、インストラクターまであと少しです!

このページの先頭へ

トップページ

ページトップへ