柏島
柏島マップ 柏島

日本で一番見られる魚の種類が多いと言われる「柏島」は高知県のポイントです。

温帯と熱帯の、ちょうど真ん中に位置するため、温帯の生き物も熱帯の生き物も見られるというなんとも贅沢なところです。

マクロがとにかく充実していて、水中写真を撮る方にとっては被写体にまったく困りません。

伊豆とは違い、そして沖縄とも違う海を、ぜひ一度体験してみてください。
ニシキフウライウオ
青い海
ピグミーシーホース
ダイビングは基本的にボートダイビングになります。
ポイントは近く、1ダイブごとに帰ってきますので船に弱い方でも安心です。

代表的なポイントは「後浜」。
港から4~5分で着く後浜にはブイが10箇所にあり、そのブイごとに雰囲気の違う海が楽しめます。

浅い水深にはテーブルサンゴが広がり、キンギョハナダイ、スズメダイ、チョウチョウウオなどの仲間が数多く群れています。

水深を下げたゴロタ域ではカエルアンコウの仲間やハナヒゲウツボ、ハダカハオコゼなどが見られ、砂地ではヤシャハゼ、キツネメネジリンボウ、ホタテツノハゼなどの珍しいハゼに出会えます。

フリソデエビやキンチャクガニなどの甲殻類も充実していて、前述した通りマクロの被写体には事欠きません。
フリソデエビ
ハタタテハゼ
クダゴンベ
このページの先頭へ

トップページ

ページトップへ